カトリック女子修道会 幼きイエス会(ニコラ・バレ)
カトリック女子修道会 幼きイエス会(ニコラ・バレ)
NEWS

神は、この上なく偉大な方であられるが、小さい人々の方へ喜んで身をかがめられる。
ゆえに、子を予定なさる時、子が人間となるだけでなく、幼な子となることを望まれた。

(創立文書より)

 
平和の掲示板

イエスは、「最も小さい、最もあわれな者の一人にしたことは、私にしたことである。」(マタイ25章40節)と言っておられる。
ゆえに、貧しく、打ち捨てられた子どもを受ける者はまさにイエス・キリストご自身を受けることになる。
これこそ本会の第一の、そして主要な目的である。

-会の書より-

 

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

ニコラ・バレ生誕400年記念

 幼きイエス会を創立したニコラ・バレは、1621年10月21日、フランスのアミアン市で生まれました。従って来年2021年は生誕400年の節目を迎えます。
 そのため、会の長上は、今年の2020年10月21日から2021年10月21日の1年を「生誕400年記念の年」として祝うことを宣言しました。
 「この1年を通して喜びと勇気をもって刷新と改心の旅に出るように」との主の招きに応えていきます。

平和の掲示板

 〇ニコラ・バレは、どのような方だったのでしょう。

  • 17世紀中葉のフランスに生きた一人のカトリック司祭であり、ミニム会という修道会に所属する修道士でした。
  • 苦行と祈祷によって自己の内面世界に深くわけ入り、神との一致を渇望する神秘思想家でした。
  • 教会で説教し、あるいは告解場で一人ひとりの霊的歩みを助け、神を求める人々を神の聖性へと導く霊的指導者でした。
 
平和の掲示板
  • 貧しい人びと、とりわけ霊的に打ち捨てられている子供や若者たちが、人間として、キリスト者として成長していくのを助けるために、生涯を捧げようとする女性たちの共同体(幼きイエス会)の創立者でした。
  • 彼は、修道院の中で生活しているにもかかわらず、社会の現実に目を注ぎ、社会の中で呼吸し、人々の魂の叫びに極めて敏感でした。



 〇1659年、彼がフランスのルアンに派遣された時のことを紹介しましょう。

 

・・・・町に出かけるたびに目につくのは子供たち、親は働くのが精いっぱいで
子どものことなど かまってやれないのだ。

平和の掲示板

私は思った。
「食べ物や、着物が十分にないことはもちろん不幸だけれど、教育を受ける機会に恵まれないことも大きな不幸ではないか。
人間は、一人ひとり神に創られたのだから、神を知り 愛し 神に仕える喜びなしには、本当の幸せを味わうことができない。
子供たちがそれに気づき、人間の尊厳にふさわしく生きることが出来るように手伝ってやりたい…」
私の心は、この思いでいっぱいになった。
「子どもたちが 神に出会えるように助けることは、立派な教会を建てたり、祭壇を美しく飾ることよりも ずっと優れたことだ。
なぜならそれは子どもたちの心に霊的宮殿 生きた神殿を備えることだから…」

-ニコラ・バレの冊子より-

 

― 夜こそわが耀き  ニコラバレの生涯 より ―

Copyright(c) IJNICO All Rights reserved.