カトリック女子修道会 幼きイエス会(ニコラ・バレ)
カトリック女子修道会 幼きイエス会(ニコラ・バレ)
NEWS

神は、この上なく偉大な方であられるが、小さい人々の方へ喜んで身をかがめられる。
ゆえに、子を予定なさる時、子が人間となるだけでなく、幼な子となることを望まれた。

(創立文書より)

平和の掲示板

「老いは神様の恵み」
−帰天された一老修道女の残した紙片より−

時として、人々は口にしたくもない。
まるで「老い」は恥ずかしいことで、
隠しておきたい事のように・・・・
「老い」は恵みであることを忘れているのです。

やはり「老い」は恵みなのです。
与えられた長い年月に、恵みと愛の素晴らしい宝を
私たちの人生に積み上げてくれるのですから。

この世で一日長く生きるなら、
あなたをより長く愛せるでしょう。
私たちの父であるあなたを
多くの恵みでご自分を知らせて下さるあなたを。

「老い」は恵みです。
長い旅路の後で、過ぎしこの方を振り返る余裕を与えられ
静けさの中でじっと味わえます。
主よ、あなたへの旅路の意味を。

与えられる休息の時は招きます。
父よ、あなたを眺めることができます様に・・・・
明るく澄み切った自由な心と全てから離脱した精神で。

「老い」は恵みです。
私はこれを避けたくない。むしろ歓迎したいのです。
めぐってくる日に、流れゆく日に、
あなたの愛が注がれているから・・・

(紙片の最後に記されていた追記)
*私は幸せです。とても幸せです。歳をとるということが、
これ程美しいものとは思いませんでした。
また私が人生のこの時期にこれ程幸せになれるなんて、
夢にも思いませんでした。

 
Copyright(c) IJNICO All Rights reserved.